記事詳細

ミスFLASH2018候補生41名が勢揃い 水着姿でアピール

 光文社FLASH編集部が主催するオーディション「ミスFLASH」の選考オーディション候補者50名が決定し、このほど東京都内でお披露目イベントを行った。スケジュールなどの都合で欠席した候補生を除く41名が水着姿でアピールした。

 今年で12回目となる同オーディションは、マシェバラや撮影会、showroom、読者投票のポイント獲得数が選考の鍵を握るサバイバル方式。候補生50名はまず、「予選サバイバルバトル」(6月17日~7月9日)で30名に絞られ、「セミファイナルステージ」(7月18日~8月15日)と「チャレンジバトル」(8月29日~9月3日)を勝ち抜いた15名が「ファイナルステージ」(9月5日~10月3日)へと駒を進める。

 2018年1月に数名がグランプリ獲得となるが、今大会から審査員特別賞が新設。グランプリの他にサバイバルに取り組む姿勢や将来性を加味して、ポイント獲得数に関係なく授与される。グランプリとの“同時受賞”もあるという。

 グランプリには、週刊誌「FLASH」誌面内での定期活動、誌面内グラビア、DVDリリース、東京MX東京オーディション(仮)に出演、定期イベントなどの活動が約束されている。

 この日は、「ミスFLASH2016」グランプリの中野杏(22)がMCを務めた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう