記事詳細

小林麻央さん、がん患者に勇気のブログ 子供に対する思いも切実に

 22日に34歳で死去した歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻、小林麻央さんは自身の公式ブログで闘病中の思いをつづってきた。がんに苦しみながらも前向きに生きる姿勢はがん患者に勇気を与え、多くの人の共感を呼んでいる。

 麻央さんのブログ「KOKORO.」は昨年9月に開設。「なりたい自分になる」というタイトルの最初の投稿では、「乳がんであることが突然公になり、環境はぐるぐる動き出しました。そこで、これまで以上に病気の陰に隠れようとして心や生活をさらに小さく狭いものにしてしまいました」と記し、決意をこう明かした。

 「私は力強く人生を歩んだ女性でありたいから 子供たちにとって強い母でありたいから ブログという手段で陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました」

 麻央さんの視線は自身だけでなく、ともに闘病に励む女性がん患者にも向けられていた。

 初回の投稿では「子供に、『いつも一緒にいられなくてごめんね。何にもしてあげられなくてごめんね。』と胸を痛めてるママがいたら、あなただけでなく、私も同じですと伝えたいです」とメッセージを送った。

 ブログでは治療の様子や心境も紹介されていた。今年5月に退院し、約1カ月ぶりに自宅に戻った際には、「やはり我が家は最高の場所です」とした。

 最後の更新となった20日の「オレンジジュース」という投稿では、笑顔を浮かべた自身の写真を掲載し、「今、口内炎の痛さより、オレンジの甘酸っぱさが勝る最高な美味しさ! 朝から 笑顔になれます。皆さまにも、今日 笑顔になれることがありますように」と記していた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース