記事詳細

【芸能ニュース舞台裏】さんま嘆き節「なんでオレの周りばかり…」 小出騒動でドラマお蔵入り、橋爪長男は収録一部カット

 上方出身のベテラン落語家、桂雀々が都内で芸歴40周年の独演会を開き、超大物ゲスト2人が注目を集めた。

 「“あの世”が舞台の大ネタ『地獄八景亡者戯(もうじゃのたわむれ)』の途中、閻魔様の前で芸を披露する場面で桑田佳祐が現れて場内騒然。35年来の友人だそうで、NHK朝ドラ『ひよっこ』の主題歌『若い広場』を歌い上げました」(演芸ライター)

 公演後半は、前座時代から親しい明石家さんまとのトーク。「お前のわがままで来てしまった。ホンマ、45周年は断らせてくれ」と、迷惑がるポーズながらノリノリ。

 「さんまの原案でジミー大西を題材にしたドラマが、小出恵介の一件でお蔵入りになったことをボヤキまくる。直前には、橋爪功の長男が収録した『踊る!さんま御殿!!』も一部放送できずカット。『なんでオレの周りばかり…』と嘆き節だった」(同)

 さんまと知己のある芸人では間寛平が4月30日に動画配信中、4~5メートルの木から転落して重傷を追う事故もあった。そして、闘病の末亡くなった小林麻央さんは、さんま司会の「恋のから騒ぎ」出身。さんまの心中察して余りある。 (業界ウオッチャー X)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース