記事詳細

鶴巻星奈、高校卒業でしんみり?「JKブランドって貴重だったんだな」

 グラビアアイドル、鶴巻星奈(つるまき・せいな、18)がこのほど、ソフマップアミューズメント館で9作目のDVD「プリンセスオールスター」(ゼウス、4320円)の発売イベントを行った。

 イベントには1メートル62、B82W57H84のスレンダーボディーを大人っぽい水着に包み登場。3月に宮古島で撮影、「すごい気持ちよかったんですけど、私は晴れ女なんですけど、この時は雨が降りそうでやっちまいました」と振り返った。

 高校を卒業後、始めての作品ということもあり、おすすめのシーンに制服を挙げた。「今までは『まだ現役なんですよ』って言いながら撮影してたんですけど、“なんちゃって”(女子高生)になってしまい、制服が恋しくなりました。JKブランドって貴重だったんだなと改めて思いました。感慨深いです」としんみり。

 さらに「もっと学生を謳歌しておけばよかったと思ったけど、今も楽しいので、これからは10代でしかできないことをこの2年間でやっていきたいな」と前を向いた。

 今後DVDでやってみたいことに鶴巻は、「JKを飛び越して先生や看護師さんになりきって撮影をしてみたい。私、スーツを着たことがないので、秘書もやってみたい。かっこよさそう」と目を輝かせた。

 最近は芝居やアクションの練習を始めたそうで、「もとの運動神経がゼロなので、側転とかも難しくて全然できないんですけど、なんとか楽しくやらしてもらってます。木刀を持って殺陣(たて)もやってます。かっこよく出来るようになったら取材してください」と微笑んだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう