記事詳細

キアヌが華麗に戻った!最強愛犬家の凄腕殺し屋に映画評論家も絶賛 「ジョン・ウィック:チャプター2」 (1/2ページ)

 キアヌ・リーブスといえば、「ハリウッドきってのナイス・ガイ」と誰もが認めるセレブ。不幸な生い立ち、失読症、近親者の死など数々の悲劇を克服した彼を語る多くの美談が、好感度を上げてきた。

 例えば、病気の子供たちやさまざまな団体にひそかに寄付を続ける慈善家で、ホームレスに食糧を与え、ともに時を過ごす博愛主義者。リッチな彼が地下鉄に乗り、女性に席を譲る隠し撮り映像も話題になった。公園で一人寂しく食事する姿に同情したファンが、「悲しいキアヌを励まそう」と運動を起こしたこともある。

 そんなキアヌだから、主演作が良い作品でありますように、と祈ってしまうが、新作「ジョン・ウィック:チャプター2」(日本公開7月7日)に胸をなでおろした。2014年公開のパート1にも増して面白い仕上がりなのだ。

 愛妻と愛犬を殺された伝説の殺し屋ジョン・ウィックが復讐(ふくしゅう)を果たした前作の続編。今回は引退を望みながら闇の国際暗殺組織と交わした血の契約のおきてに縛られ、不本意ながら再びヒットマン稼業に手を染める。

 イタリア・マフィアの幹部サンティーノからの指令は、ボスの座についた姉ジアーナを抹殺すること。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース