記事詳細

うつ危機か…海老蔵、ブログで途方に暮れる心境吐露 精神科医が危惧する「兆候」 (1/2ページ)

 長い闘病の末、22日に乳がんで妻の小林麻央さん(享年34)を亡くした歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)。この1週間、涙ながらに会見し、舞台を勤め上げ、子供たちを支え、気丈に振る舞ってきたが、ここに来て変化が現れ始めている。専門家は、この1週間が一番気をつけなければならないと指摘する。

 海老蔵は麻央さんの死後もブログで身辺を伝えている。しかし1日に20回近く更新する状況に、27日には「居ても立っても居られないとき、私はブログが1つの支えになってます」とつづった。

 26日には、日本テレビで放送された追悼特番を見ながら「まお、あいたい、あいたいよ」とぽつり。さらには長男の勸玄くん(4)が朝、突然泣き出すなど、母親を失ったことに傷ついていることに途方に暮れる心境も明かしている。

 気丈に振る舞ってきた海老蔵だが、麻央さんの密葬が営まれた26日前後から、自身にも変化が現れているのだ。

 こうした変化について精神科医で日向野クリニック院長の日向野春総氏は「喪失感」を挙げる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース