記事詳細

木村拓哉と草なぎ&香取の「偶然の一致」にファン高まる (1/2ページ)

 6月18日、元SMAPの稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(42才)、香取慎吾(40才)が、9月8日をもってジャニーズ事務所を退社することが発表された。中居正広(44才)、木村拓哉(44才)は今後も事務所に残り、活動を続けていくこととなるという。

 就職活動をしていた大学生時代、SMAPの曲に何度も励まされたという竹下幸さん(41才)は、「ただただ寂しい」とつぶやく。

 「私たちファンは解散騒動でものすごく傷つきました。だって“サヨナラ“さえ言えなかったんですよ。突然SMAPは私たちの前からいなくなったんです。だから正直、最後のほうは、メンバーに怒りも覚えました。でも大人の彼らが決めたことだし、彼らを応援していれば、いつの日か再結成という道があるんじゃないかとも思っていたんです。でも3人が独立したとなると、その可能性はすごく低くなるんじゃないのかなって…やっぱり、すごく寂しいです」

 しかし、この独立発表の直前に起きたある“偶然”が、ファンの胸を高鳴らせている。

 発表の2日前、木村がパーソナリティーを務めるラジオ『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(16日放送、TOKYO FM)にて、リスナーの質問に答えるコーナーの途中、木村が選曲したのは、SMAPが1999年にリリースしたシングル『Fly』だった。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース