記事詳細

空気を読まず忖度もせず テレ東の雑な扱いと正当な評価にSMAPファン歓喜 (1/3ページ)

 6月28日に放送された「テレ東音楽祭2017」(テレビ東京系)におけるSMAPの取り上げ方がネットを中心に話題になっている。

■視聴者ありきで、独自の路線を貫くテレ東

 同局は1992年から95年にかけて彼ら初の冠番組「愛ラブSMAP!」を放送していた、SMAPにとっても縁浅からぬテレビ局だ。14年には「テレビ東京開局50周年特別企画 50年のモヤモヤ映像大放出!この手の番組初めてやりますSP」で、SMAPが18年ぶりに同局の番組に出演。国民的スターの彼らを通常営業中の社員食堂で普通に収録させるなど、デビュー当時と変わらぬ“雑な扱い”をしたことでも大きな話題となった。

 今回の「テレ東音楽祭」では一転、“言わずと知れた国民的アイドルグループ”“史上最高のアイドル”などの枕詞を添えて、23年前(94年)当時の「がんばりましょう」や、26年前(91年)当時の「Can’t Stop!!-LOVING-」などの映像を当時のまま、もちろん森且行(43)を不自然に消去させることなくほぼフルサイズでオンエア。そのおかげか、「Can’t Stop!!-LOVING-」は、同番組に瞬間最高視聴率11・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をもたらした。

 このほかにもKinKi KidsやTOKIOら後輩に加え、大黒摩季(47)、観月ありさ(40)らの過去映像でもSMAPの姿が垣間見られた。その中で一貫して「解散」、あるいは「惜しまれつつ解散」という言葉を一切用いない姿勢に、SNSでは「やっぱりテレ東はSMAPがかいさんしたこと知らないっぽい(原文ママ)」など、好意的なコメントが多く見受けられた。

 以前から折に触れて、同局のある種“空気を読まない”独自路線は一部視聴者から注目され、面白半分に賞賛されているが、今回はそこにあらためて“変な忖度をしない”という評価と信頼も加わったようだ。

■解散は人々にとって“なかったこと”に?

 先程のSNSの引用に「かいさん」とあったように、16年以降よく見られる一つの現象として、“解散”の2文字を使わないよう徹底しているファンや関係者は多い。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース