記事詳細

ボディーちょい太めになったケド…キアヌはアクションがいい「ジョン・ウィック チャプター2」

 抜群の射撃の腕と反射神経、車と亡き妻へのこだわり。そんな伝説の殺し屋ジョン・ウィックをキアヌ・リーブスが演じたヒット作の続編。共演のローレンス・フィッシュバーンやチャド・スタエルスキ監督は「マトリックス」の仲間で退屈知らず。上映時間122分、7日公開。

 平穏な引退生活に戻るはずだったジョン・ウィック(キアヌ)は、イタリアン・マフィアのサンティーノ(リッカルド・スカマルチョ)から彼の実姉ジアナ暗殺を依頼される。断れないジョンはローマに飛び、仕事を遂行した。だがサンティーノの罠にはめられたジョンは、ジアナ殺しの濡れ衣を着せられ、世界中の殺し屋に追われ絶体絶命のピンチに…。

 【ホンネ】キアヌはシリーズ物に強い。「マトリックス」3部作とはまた違う、スタイリッシュでシャープな銃撃戦にクギづけになる。ボディーはちょい太めになったがやっぱりキアヌはアクションがいい。(映画評論家・おかむら良)★★★★

 ★5つで満点

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース