記事詳細

小出恵介を事情聴取 大阪府警、青少年条例違反疑いで

 大阪市内で今年5月、17歳の少女と飲酒したうえ、淫行したとして所属事務所から無期限の活動停止となった俳優、小出恵介(33)から大阪府警が府青少年健全育成条例違反の疑いがあるとして任意で事情を聴いたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。条例違反が確認できれば書類送検する方針。

 事件は6月9日発売の写真週刊誌がスクープ。飲酒をしたうえで、少女が、大阪市内の高級ホテルで小出から計5回の性行為を強要され、「5回のうち2回も中出しされて…」などと衝撃告白、波紋を広げた。関係者によると、少女側との間ですでに示談が成立している。

 府青少年健全育成条例は、18歳未満の少年少女を保護者の承諾がなく深夜や未明に連れ回すことを禁じている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう