記事詳細

【芸能ニュース舞台裏】“激ヤセ”情報の船越はレッドライン越えたのか “チーム松居”はお金に困らない新メンバーに

 「当初、“チーム松居”は本人を含め4人。動画の撮影をしたり、生活をサポートしたりしていましたが解散し、今は新たなメンバーで動き出しているようです」

 そう明かすのは女性誌記者。今回の騒動をめぐり、女優の松居一代(60)がひとりで続けるのは難しい。今も松居は連日、ネット上に新たな動画を投稿し続けている。

 「本人はブログでカプセルホテルにいると書いていますが、そんなことはないでしょう。チームの関係先に身を寄せているようです」と週刊誌記者だ。

 夫で俳優、船越英一郎(56)は当初、松居の出方を静観していた。「というのも、所属事務所はとにかく刺激したくないと説明していたそうです」(芸能リポーター)

 船越の見立ては的中し妻の暴走は止まらない。そのことがメディアに取り上げられる一方、船越は「激ヤセ」などと書かれる事態に。「松居は芸能人としては開店休業状態。これといった仕事もない。でも資産運用に成功しているので、お金には困っていない。とはいえ、松居にもプライドがある。離婚に至った非は船越にあると認めさせるため、億単位の慰謝料を要求しているようです」(情報番組デスク)

 何があっても驚かない芸能界だが、「動画を使い、芸能人本人が家族の問題を情報発信するのは禁じ手かもしれないが、新しい。松居をそこまで駆り立てるほど、船越はレッドラインを越えたということでしょうか」(女性誌デスク)

 暑い夏は始まったばかりだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース