記事詳細

松本、グッチ裕三に「隠し味の度が過ぎた」

 16日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、自身がオーナーであることを隠して飲食店の過度な宣伝を行っていたタレントのグッチ裕三(65)について、松本人志(53)が「隠し味の度が過ぎた」とうまく表現した。

 料理愛好家でも知られるグッチは、自身がオーナーであることを隠して、浅草のメンチカツ屋を多くのバラエティーで度々紹介。グッチが「レベルが違うな!」などと高く評価したことから行列のできる人気店となったが、その宣伝方法に対してバッシングの声も上がっている。

 松本は「ステマ(ステルスマーケティング)じゃないですか。まさにそれですよね」と指摘し、なぜ黙っていたのかと疑問視。ただ、「グッチさんがやってるお店がうまいぞとか、僕ちょこちょこ(聞くし)、やっぱりおいしい。だからこんなことしなくても、ほんとにあの人料理の才能あって、おいしいのに。まあ何かこう…隠し味の度が過ぎたというか」と、グッチの才能を認めた上で、今回の非を“松本節”で表現した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース