記事詳細

真木よう子、ツイッターでの神対応が話題 「見てください!」と土下座動画までUP (1/2ページ)

 動画共有サイト、ブログ、ツイッターなどを利用して個人の意志を自由に発信できる時代。自由ゆえに歯止めなく暴走してしまう人もいるのだ、と最近の芸能ニュースを見ていて感じます。

 ツイッターの日本語版サービスが始まったのが2008年4月。現在の国内ユーザー数は4000万人(全世界のユーザー数は約3億3000万人)。

 スポーツ選手、著名人、芸能人の利用者も多く、タレント、グラドル、AV女優らはフォロワー数が人気のバロメーターとなっています。

 実際に制作側の出演オファー基準も、フォロワー数=宣伝力と考えることが増えています。

 実は筆者も細々とツイッターをやっており、取材した、主にAV女優たちと相互フォローしているのですが、彼女たちの出演作発売、イベント出演時ツイートを見ると必死さすら感じます。

 先日、ツイッターでのファンへの神対応が話題となったのが女優、真木よう子様(@makiyokohonnin)。

 登録が6月末ですので、フジテレビの主演ドラマ『セシルのもくろみ』(木曜午後10時)の宣伝が目的だと思われます。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース