記事詳細

プ女子グラドル白川未奈、まさかの引退危機?「タイムリミットが迫ってます」

 プロレスをこよなく愛するプ女子グラドル、白川未奈(29)がこのほど、東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で1年2カ月ぶり3作目のDVD「どっちにするの」(ギルド、4104円)の発売イベントを行った。

 イベントでは、1メートル57、B92W60H88のIカップボディーをブラジリアンカットの水着に包み、プロレスラー、武藤敬司(54)のプロレスLOVEポーズや永田裕志(49)の敬礼ポーズを披露した。

 4月に山梨で撮影された同作は、グラビアアイドル、吉田早希(29)も同タイトルのDVDを発売しており、吉田と白川で旅館の若旦那を取り合うというストーリー。「ワンシーンだけ、2人で『どっちにするの?』って迫るところがあってそのシーンは2人で出ていてます。あとは別々にストーリーがあって、私は旅館の仲居さんになって若旦那様を誘惑してます」とアピールした。

 「旅館の仲居さんなので、着物を脱いでいくシーン」がセクシーというと、「足袋に水着ってすごいエロいので、じっくり見て欲しい。普段は、好きな人にはズケズケいけないタイプなんですけど、『早希ちゃんに負けちゃいけない』と、すごいモーションをかけて頑張ったので、そこも見どころです」と笑顔を見せた。

 実はこの3作目のDVD発売については、父親に反対されていたそうで、「なんとか説得して発売までこぎつけたんですけど、『いつまで芸能界を続けるんだ』と言われてます」と引退危機に陥っていることを告白。それでも、「12月で30歳になるので、タイムリミットが迫ってますが、このDVDが売れて写真集とかバラエティー番組にたくさん出ることができたら父親も認めてくれるはず」と最後まで諦めない姿勢を見せた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう