記事詳細

心配な海老蔵、ドラゴンボールへ逃避!? ブログで「仙豆欲しい」…関係者「かなり疲れている」

 歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)が気になるブログをつづっている。今月22日、亡き妻、小林麻央さん(享年34)の初の月命日を迎え、日がたつにつれて悲しみが深くなるのが伝わってくるが、そんな中、人気アニメ「ドラゴンボール」に救いを求めるような書き込みをしているのだ。

 海老蔵は25日、朝のトレーニングに励む様子をブログに書き、「今日からトレーニングの友はドラゴンボールにしました」とつづり、「やる気が溢れるので」「おら!も強くなる!」と説明している。さらに次のブログでは「仙豆が欲しい今日この頃ですね」とも。

 「仙豆」とは、「ドラゴンボール」に出てくる架空の豆で、負傷を回復させる力をもっている。海老蔵は、この「仙豆」の効果で、弱り気味の自身を奮い立たせようとしているのだろう。

 「麻央さんが亡くなって1カ月。本当なら、2人の子供を抱えて、途方に暮れてもおかしくない状況。成田屋を支える屋台骨として気を張っている日々ですが、最近はかなり弱気の面を見せている。本人もかなり疲れているようです」と演劇関係者。

 そんな中、早くも“再婚話”を報じるメディアも少なくない。「歌舞伎界では、襲名の際には陰で支える梨園の妻の存在は不可欠だといわれています。なので、数年後には、大名跡の市川團十郎を襲名するとも言われている海老蔵も再婚話が取り沙汰されるのです。海老蔵も2人の子供のことを考えると、まだそんなことは考えようがないようです」と前出の演劇関係者。

 まだ妻の死の悲しみすら癒えない中、再婚なんて、それどころではないだろう。7つ集めれば願い事がかなうという「ドラゴンボール」に、海老蔵は何を託すのだろう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース