記事詳細

一色杏子、ワイシャツだけで胸を隠すシーンに初挑戦「恥ずかしかったです」

 アイドルユニット「DISDOL」のメンバー、一色杏子(きょうこ、19)がこほど、東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で7作目のDVD「Cream Girl Part2」(Cream、4104円)の発売イベントを行った。

 1メートル52、B86W59H87のDカップボディーを今年流行っているというオフショルダーの水着に包みイベントに登場した。4月に宮古島で撮影。「3日間の撮影だったんですけど、1日目、2日目とずっと天気が悪くて、雨の中で撮影しました。晴れ女なんですけどね」と振り返ったが、この日も午前中はあいにくの雨模様とややチグハグ。

 「杏子ちゃんがただ、宮古島ではしゃいでいる感じになってます。自転車にノリノリで乗ったり、スクール水着で海に入ったり、元気いっぱいの作品です」とアピールしながら、「上半身の水着を取って、ワイシャツだけで胸を隠すシーンに初挑戦しました。とても恥ずかしかったです」と照れ笑い。

 来年の3月に20歳を迎えるが、10代最後の夏は「たくさん思い出を作りたいんですけど、なかなか仕事が忙しい。でも沖縄旅行に行ってこようと思ってます」と明かした。

 「DISDOL」の活動では6月にセカンドシングルが発売。10月9日にクラブチッタ川崎でサードワンマンライブを行う予定だ。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう