記事詳細

15代目“国民的美少女”は京都の13歳 目標は武井咲

 女優の米倉涼子(42)や上戸彩(31)、武井咲(23)らを輩出してきた「全日本国民的美少女コンテスト」の第15回大会(30周年記念大会)本選が8日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、京都府出身の井本彩花さん(13)がグランプリに選ばれた。

 8万150人の頂点に立っったのは京都の中学2年生だった。名前を呼ばれた瞬間、井本さんは驚きの表情を浮かべ、涙を流しながら自身の快挙を喜んだ。マイクを向けられ、「グランプリをとれると思ってなかったので、とてもびっくりしていますし、とてもうれしいです。本当にありがとうございました」と受賞を喜んだ。

 報道陣に対して今後の抱負として「武井咲さんのような女優さんになれるように、頑張りたい」と述べた彼女。そして「大人っぽい演技ができるような女優になりたいです。どんな役を与えられても、その場でちゃんとできる女優になりたいです」などと将来の夢を語った。

 賞金300万円の使い方について聞かれると、「家族に感謝していますので、お母さんにあげます」と回答。親孝行な一面をのぞかせた。特技は小学校1年生から習っているというクラシックバレエ。一方、体育は苦手で、得意なのは数学と語った。事務所の「25歳まで恋愛禁止」という方針にも従い、「25歳までは恋愛しません」と言い切った。記念大会のグランプリ受賞者として、芸能界の王道を歩む考えだ。今後の彼女はオスカープロモーションへ所属し、30周年を記念した映画やテレビドラマ(テレビ朝日系)などへ出演する。

 「全日本国民的美少女コンテスト」は、1987年に後藤久美子(43)をイメージキャラクターに第1回を開催。これまで多くの女優やモデルらを輩出してきた。30周年記念大会となった今回は、12~20歳の女性を対象に2月から5月まで募集を行い、書類審査、面接審査の予選を通過を経て、21人が本選大会への出場を果たした。本選ではウオーキング、演技、歌唱審査のほか自己紹介や質疑応答といった最終審査が行われた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース