記事詳細

【編集局から】例年の仮面ライダーより約1カ月短い「エグゼイド」 うがった見方すると情報番組が…

 特撮ファンとして、残念に思うことがあります。現在放送中の「仮面ライダーエグゼイド」ですが、ゲームと医療をテーマにした内容や、およそ仮面ライダーと思えないデザインから、当初はどうなることやらと思っていました。

 ところがゲームという設定を生かしたハードなストーリーで、目が離せない展開をみせながら、8月27日に最終回を迎えることになっています。

 何が残念かというと、最近の仮面ライダーってだいたい1年間、48~50話前後で放送されているんですよ。10月に始まって、翌年の9月に終わるパターン。なのにエグゼイドは全45話。1カ月弱短いのです。そして、9月から次回作がスタートするわけです。

 で、何を思うか。仮面ライダーは10月から放送時間が変わります。日曜午前8時から、午前9時半に移るのです。日曜早朝に情報番組が始まることを受けての措置です。

 うがった見方をすると9月スタートというのは、新しい時間帯でスタートするよりも1カ月間先に始めることで、視聴者を確保した上で、時間を変更しようと考えたのではないかと思えてくるのです。そのためにエグゼイドの話が切り詰められたとしたのなら…。

 もう1カ月長かったらどんな展開になっていたのか。そう思うと残念でならないのです。あくまでもうがった見方です。(F)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう