記事詳細

“二股不倫”生釈明した宮迫、「反省」口にするも…はやくも飛び出した「3度あることは4度ある」証言

 2人の女性との不倫疑惑を報じられたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が11日、フジテレビ系バラエティー番組「バイキング」で30分にわたり釈明した。「反省」を口にして家庭円満を誓ったが、過去に2度疑惑を報じられているだけに、果たして…。

 疑惑を報じた「週刊文春」によると、宮迫は7月14、21日に都内のホテルで、モデルの小山ひかる(26)と、同25日には30代の美容系ライターと密会した。

 番組冒頭10秒間、頭を下げた宮迫は2人の女性と宿泊したことを「事実」と認めた。だが、「飲むと調子に乗ってしまう。(性行為が)できるかもと、魔が差しまくってしまった」と関係を迫ったものの、女性からは断られ「一線は越えていない」と主張した。

 宮迫は2002年と11年にも不倫疑惑を報じられており、2歳上の妻には「何回目や!!」と激怒されたといい、「一生かけて償っていく」と語った。

 ただ、六本木の飲食店関係者は「6月にも朝まで複数の女性と楽しそうにしているところを見かけた。あの姿を思うと3度あることは4度あるのでは」と証言する。

 元のもくあみとならなければよいが。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース