記事詳細

【芸能ニュース舞台裏】今井議員に続き乙武氏、宮迫、斉藤由貴…止まらぬゲス不倫 「所属事務所が守ってくれる」感覚の甘さ露呈

 江戸時代には、「間男は7両2分と値が決まり」と不倫の決着金が川柳に詠まれていた。

 不貞行為の損害賠償などを求められ、作家の乙武洋匡氏(41)が元妻に訴えられ、今井絵理子参議院議員(33)を不倫相手の妻が訴える方向だと報じられた。不倫報道は後を絶たず、女優の斉藤由貴(50)、お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(47)と次々と飛び出す始末。

 「芸能人の緩さというか、甘さなんでしょうね。何かやらかしても、所属事務所が守ってくれる。特に中学時代から芸能界にいる今井なんか、まさにそういう感覚ですよ。実際、所属事務所に守られる部分って大きいですからね」(ベテラン芸能記者)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース