記事詳細

井上真央 ドラマ復帰で米倉涼子に相談、意外な橋渡し役 (1/2ページ)

 5年ぶりの再演となったブロードウェーミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』。主演の米倉涼子(42才)は、本拠地・ニューヨークのアンバサダー劇場での熱狂そのままに、日本凱旋公演を駆け抜けている。

 10月クールでドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第5シーズンの放送も決定。今や日本を代表する女優ともいわれる彼女の元には、「米倉さんとお話ししたい!」と数多の女優たちの声が届くという。そのうちの1人が井上真央(30才)だった。

 「ブロードウェー公演を終え帰国した7月末に、一緒に食事をする機会があったそうです。映画、ドラマで数々の賞を受賞し、大河ドラマの主演を果たすなど、井上さんはすでに演技派女優として評価されていますが、30代を迎えてどうステップアップしていけばいいか悩んでもいた。年齢を重ねるごとに新しい役どころやミュージカルなど新分野で活躍する米倉さんに憧れていたそうで、熱心に仕事の話を聞いていたそうです」(芸能関係者)

 昨年8月、井上は子役時代から所属していた事務所から、別の事務所へと移籍した。だが、それ以降は事実上の休業状態が続いていた。ドラマ出演に至っては2015年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』にまで遡る。

 「10月クールで、約2年ぶりにドラマ復帰することが決まりました。フジテレビで放送される学園モノで、井上さんは主演。高校の女教師を演じます。自殺した生徒の母親から激しく追及され精神崩壊の寸前まで追いつめられるというシリアスな役どころ。『キッズ・ウォー』や『花より男子』など子供っぽいイメージが強い井上さんにとっては、一皮むけるには格好の役柄だと思いますよ」(テレビ局関係者)

 実は米倉と井上の間を取り持ったのはある男性だったという。そう聞くと、井上は松本潤(33才)と交際しているし、米倉と松本は飲み仲間。松潤だろう! と思いきや、出てきたのは意外な名前だった。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース