記事詳細

ジャニーズ事務所への入り方、一番多いのは…  (1/3ページ)

 15日の「ビビット」(TBS系)で「気になるジャニーズの秘密を大公開」が放送された。TOKIOの国分太一(42)が街行く人たちのジャニーズに対する素朴な疑問に答えるべく、事務所を取材。知られざる事実が明らかになった。

 ■「くん」と「さん」の境界線

 ジャニーズ事務所といえば、先輩・後輩関係なく、メンバーを呼ぶときは「くん」付けが基本。国分は「今は年齢もきたから東山(紀之)さんっていうようになったけど、先輩のバックについていたときには“東山くん”って言っていた」と振り返った。

 番組ではその“境界線”を調査。Mr.KINGの平野紫耀(20)、永瀬廉(18)、高橋海人(18)に先輩たちをどう呼ぶか確認すると、木村拓哉(44)は「木村くん」、中居正広(44)は「中居くん」と呼ぶことが判明。しかし佐藤アツヒロ(43)の場合は、平野が「くん」で、2人は「さん」と意見が別れた。東山、岡本健一(48)、城島茂(46)は3人が「さん」と口をそろえ、結果、同番組では1986年前に入所した先輩を「さん」、87年以降に入所した先輩を「くん」と呼ぶと結論付けた。

 ■どうやって事務所に入るの?

 街行く人たちが気になるジャニーズ事務所への入所。Jr.を取材したところ、もっとも多かったのが「自分で応募」(73%)。Snow Manの岩本照(24)は「小さいころから踊りをやっていて、将来、自分の踊りを生かして人前で誰かを感動させたりするのがジャニーズ事務所だって決めて、自分で志願して履歴書を送った」と回答。Travis Japanの七五三掛龍也(22)は、「2回くらい送って2年後ぐらいにオーディションの連絡がきた」と当時を振り返った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース