記事詳細

SKE大場にAKB向井地が「ババア」 白熱バトルを盛り上げる (1/2ページ)

 15日深夜放送の「AKBINGO!」(日本テレビ系)で、AKB48とSKE48の新世代メンバーが対決。腕相撲、スクワットなどで競い合い、双方の意地と意地がぶつかり合う白熱のバトルを展開し、番組を盛り上げた。

 冒頭でMCのウーマンラッシュアワーの村本大輔(36)が「今のAKB48だったら勝てる?」と話しかけると、SKE48の最新シングル「意外にマンゴー」でセンターを務める小畑優奈(15)は「勝てます!」と断言。さらに村本が「誰だったらいける?」と続けると小畑は「全員いけるんじゃないですか」とまで言い切り、AKB48をタジタジにさせた。

 村本が「SKE48が勝てば今後もSKE48の番組に…」とSKE48が番組を乗っ取る可能性を示唆すると、SKE48の大場美奈(25)は「余裕ぶっこいてたら消しますよ!」と力強い言葉でAKB48に宣戦布告。しかし村本から年齢を聞かれ、大場がかわいく「25歳」と答えると、AKB48の向井地美音(19)がすかさず「ババア!」と噛み付いた。大場は「そんな変わらねえんだから、あんまり言うなよ。世間の25(歳)は全然若い!」と訴え、笑いを誘った。

 1回戦は腕相撲対決。「小学生の時に腕相撲大会で1位になったんです」と豪語したAKB48の小田えりな(20)がSKE48の北川綾巴(18)らを打ち負かして勝利を飾った。

 2回戦はスクワットで対決した。AKB48からは向井地、倉野尾成美(16)、岡部麟(20)、SKE48から小畑、大場、日高優月(19)が参戦。倉野尾について福岡聖菜(17)が「リハーサルが終わってからもずっと1人で練習しているぐらい体力も負けん気もすごい」と紹介すると、SKE48でも日高が「体力テストでAしか取ったことない」とアピールした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース