記事詳細

【泉谷しげるの毒舌コラム オレに言わせろ!】米朝首領が核のチキンレース…アキれつつも落ち着かない日々 根拠はないが断言したい「北のミサイルは日本の上空を飛びますよ」 (1/2ページ)

 米国と北朝鮮、双方の首領(ドン)が売りコトバに買いコトバで、核のチキンレースしてンだから、アキれつつも恐ろしいやらで、落ち着かない日々だよな!

 テレビの討論番組にて北のミサイルで日本が核攻撃されるか否かのハナシになったとき、「あり得ない! 絶対にない!」と断言しきった年寄りがいた。それに対して若い世代が「絶対なンてない!」と食いつき、今の不安を強調してた。

 戦争を体験してる年寄りの強い断言は、それなりに根拠あっての発言だと思えたが、不安を口にするだけの若もんの声は、なぜかその場の対抗意識にしか見えなかったンだな。

 ただ、その不安もわからないではない。オイラも根拠はないが、断言したい。

 北のミサイルは日本の上空を飛びますよ、とワザワザ通告してンだぜ。コトバは強いが、親切にお知らせしてくれてるではないかという捉え方もできる。

 確かに、ミサイルを発射するときには通告するのが国際法のキマリだが、北は国際法を守ったことあるのかい。今回だけは通告してみましたとなるワケかいな…。

 先の太平洋戦争で、日本は真珠湾を攻撃したが、通告が届いたのは攻撃した後だったので、国際法無視の卑怯な先制攻撃と見なされた。

 アメリカは事前に「攻撃」を知っていたハズだがな。追い込まれた日本が、どのような手段に打って出るかもわかっていたハズ。

 別の番組で、老齢のミステリー作家が、興味深いことを言ってたナ。どうも日本人は戦争向きではない民族だ、と。

 かつての戦争では、「死」に行くことは美徳とされて、最後はひたすら「玉砕」をめざしてしまったからね。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう