記事詳細

大原麗子さんに寄り添った元マネージャーが孤独死の真相告白 (1/4ページ)

 2009年8月に流れた女優・大原麗子(享年62)の突然の訃報、それも死後3日経ってから発見されたという悲しい最期は日本中を驚かせた。それから8年という月日が経過したが、毎年命日が近づくと、メディアはこぞって彼女の特集を組む。可憐な美貌と独特の甘い声とともに、「国民的女優」として多くのファンの印象に残っている。

 彼女は、なぜ淋しい死を迎えたのか。デビュー当時からのマネージャーで、亡くなる直前まで寄り添っていた佐藤嘉余子氏(81)が、これまで明かされなかった大原との40年間、そして“孤独死”の真相を初めて語る。

* * *

 早いもので、麗子さんが亡くなってから今年の8月3日で8年を迎えました。

 麗子さんのことが語られるとき、「孤独死」という言葉がよく使われます。離婚を繰り返して、仲の良かった人々も離れていって、1人寂しく死んだというような報道も目にしました。

 でも、実はそうではないんです。私自身、傘寿を超えて、もう先が見えてきた。生きているうちに、麗子さんが歩んだ足跡や語られなかった彼女の姿を世間の人に伝えるのが私の仕事かなと思い、今回お話しすることにしました。

 〈大原は2004年以降、テレビなどの表舞台から姿を消した。それから2009年に亡くなるまでの約5年間、そばに寄り添った人物が佐藤氏だった。40年の長きにわたり、大原を公私ともに支えてきた佐藤氏は、その最期が「孤独死」というネガティブな響きの言葉でしか語られてこなかったことに、もどかしさを感じていたという〉

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース