記事詳細

ブルゾン“サプライズ指名”にお茶の間困惑!? 24時間マラソン号泣完走も…「引っ張りすぎ」「肩すかし」 (1/2ページ)

 26、27日に放送された日本テレビ系「24時間テレビ40 愛は地球を救う」。異例の当日発表ということで注目されたチャリティーマラソンランナーは、ブルゾンちえみ(27)だった。果たして、この人選はお茶の間にとって、サプライズだったのか。

 毎年5、6月に発表されていたマラソンランナーだったが、今年は当日発表というサプライズに。このため候補の予想から舞台裏まで、さまざまな報道がなされた。

 「もともとは、日テレのバラエティーにも出演しているアイドルにオファーしたが断られている。そこからさまざまな人の名前が挙がり、迷走が始まったが、ランナーのサポートをしてきた坂本雄次トレーナーが『今までにないことがしたい』と提案したことでサプライズにもっていくことになった。ただ当日まで引っ張りすぎた感は強い」とテレビ誌編集者。

 発表自体も番組開始から2時間たってからだったことで、お茶の間からも「まだ発表されない」など、いらだちの声が上がったほど。それだけ関心が高かったということだが、ただ「ランナーをスタート地点まで連れていくため、ある程度の時間が必要なので、発表があのタイミングになるのは仕方がない」と前出の編集者。

 で、ふたを開けてみれば、ランナーはブルゾン。出演者のなかでも熱心に練習しており、最近では、やせたと評判にもなっていた。バラエティー番組で陸上競技をやっていたことも明かしており、下馬評も高かった一人だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース