記事詳細

【酒井政利 時代のサカイ目】ロックの進化系!世界に通用する異色2組「PassCode」「GLIM SPANKY」に注目 (1/2ページ)

 少女性を前面に出したかわいらしさから、メークやファッションは女の子系でも力強い歌いっぷりが骨太な魅力を発散するPassCode。

 アルバム『ZENITH』がアジア4カ国でiTunes1位を獲得し快進撃を続けている。

 ヘビーなロックサウンドに乗って男っぽく激しくシャウトして歌い踊る19歳から23歳の女性4人組アイドルグループで、昨年10月にシングル『MISS UNLIMITED』でメジャーデビューすると地鳴りのような叫び声が話題になった。

 耳から得る情報と視覚からの情報のギャップも面白く、そのアーティスト性は高く評価されていい。

 2枚目のシングル『bite the bullet』を発売すると、海外では公演もCDリリースも宣伝も全くしていないにも関わらず、YouTubeで人気を呼び、世界中にその存在を知られるように。ラウドロックの本場ホンジュラスでは総合チャート1位も獲得。

 「激しい曲に慣れてきているので、激しい曲が来たときはホッとする」とメンバーが言う一方で「かわいい曲が来たときは、こんなかわいい曲で大丈夫かな、できるかなって感じがあった」「昔はフリフリの衣装が着たいって思っていたけど、もう絶対むりやし。照れるんですよね」と笑う。

 欧米ではBABYMETALと並ぶ存在になりつつあるが、日本でも旋風を巻き起こせるか。

 古いロックを軸に、日本語の楽曲で世界を狙っているのがGLIM SPANKY。リリー・フランキーやみうらじゅんが絶賛する男女2人組の新世代ロックユニット。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう