記事詳細

5年で離婚した大原麗子さん 「嫌いで別れたわけではない」

 2009年8月に流れた女優・大原麗子さん(享年62)の突然の訃報、それも死後3日経ってから発見されたという悲しい最期は日本中を驚かせた。

 それから8年--。大原のデビュー当時からのマネージャーで、亡くなる直前まで寄り添っていた佐藤嘉余子氏(81)が、大原さんの2人の夫との結婚生活について初めて口を開いた。大原さんの最初の結婚相手は、今年3月に死去した渡瀬恒彦(享年72)、2回目の結婚相手は森進一(69)だった。

* * *

 麗子さんは渡瀬さんのことが心底大好きでした。結婚前に住んでいたマンションには渡瀬さんにしか番号を教えてなかった“専用電話”があって、ベルが鳴るとどんなに夜遅くでも飛んでいった。

 〈若い頃の大原さんは仕事だけでなく、恋にも情熱的だった。最初の結婚相手は、今年3月に死去した渡瀬恒彦(享年72)だった。2人は1973年に結婚。当時すでに東映の看板女優だった大原と、駆け出し俳優だった渡瀬の入籍は「格差婚」と報じられた〉

 渡瀬さんとは5年で離婚してしまったけれど、嫌いで別れたわけではない。「兄妹みたいな関係」と言って、離れてからもよく連絡を取り合っていました。

 「渡瀬さんの家に電話すると再婚した奥さんが出て、私が『大原です』と名乗ると、『ギャッ』と驚かれちゃうのよ」なんて笑って話すんです。テレビを見ていても、「カヨさん、渡瀬さんが出てるわよ、フフフ」って、いつも嬉しそうにしていました。

 渡瀬さんも、そんな麗子さんをずっと気遣ってくれていた。麗子さんのお別れ会のときには、人目につかない席でひっそり涙を流してくださいました。

 〈渡瀬との離婚から2年後の1980年、大原さんは森と再婚する。結婚式では、憧れていた「ユキトリヰ」のウェディングドレス姿を披露した〉

 麗子さんは離婚すると、結婚生活に関係するものはなんでも勝手に処分しちゃう。

 渡瀬さんや森さんとの写真も自宅の焼却炉で燃やしてしまったんだけど、ウェディングドレスだけは私に「処分して」と頼んできた。私に押し付ければ、捨てたりしないことをわかっていたんでしょうね。それくらい思い入れのあるドレスだったんだと思います。今も私が大事に預かっているんです。

 ●聞き手/宇都宮直子(ジャーナリスト)

 ※週刊ポスト2017年9月8日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース