記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】ギャルだらけのナイトプールに“外来種”興奮! 来年は「水着スナック」開催しよっと (1/2ページ)

 今年はなかなか“スカッ”と晴れやかな夏を満喫できませんが、「スナック玉ちゃん」の収支も雨模様の空のように湿ってしまい、帳簿に眼を通すと気がめいる状態です。

 気持ちも商売も浮かばれていない今年の夏ですが、私がこれまで生きてきた50年間の人生の経験の中でかなりのランク上位に入る衝撃を受けた出来事が唯一ありました。TBSラジオの金曜レギュラー番組「たまむすび」の企画で、話題の東京プリンスホテルで開催されている「ナイトプール」に潜入取材させてもらったのです。

 50も過ぎると昼間のプールのようにガキがウジャウジャの「ションベンプール」と言われるものに嫌気が差していたところに現れたナイトプール。魅惑の響きがなんとも気になります。

 ホテルのプールですから、区営プールのような子供でも払える安価なエントリーフィーではありません。場所は芝公園で、きれいにライトアップされた東京タワーの麓。聞けば「ナイトプールは女がウジャウジャいるらしいぞ…」と夏のアバンチュール心をなでまくる噂で期待が高まります。この度仕事で行けることになり、なぜか涎が口いっぱいに広がり~の状態で潜入してみました。

 一緒に行った人は「たまむすび」の最高のパートナーで私と同い年の安東弘樹アナウンサーです。社会的地位も信用もあるこの男ですが、普段は2人で放送では話せない中身でいつも「キャッキャ」しており、私からすれば社会的な信用よりも大事な「男の信用」を持っているナイスな男です。

 まぁ、驚きました! 噂の通り、それ以上に東京プリンスホテルのナイトプールは夜の都会のプールに照らされるライトで妖艶(ようえん)に浮かび上がる女性だらけだったのです。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう