記事詳細

香取慎吾に迫るリストラ…24時間テレビ「仮装大賞」指原&欽ちゃんで成立 番組改編で消えていく可能性

 9月にジャニーズ事務所を退社する元SMAP、香取慎吾(40)にリストラの波がひたひたと押し寄せているようだ。8月26、27日放送の日本テレビ系「24時間テレビ40」内の企画で放送された「仮装大賞」に姿がなかったのだ。

 日本テレビの「仮装大賞」といえば、2002年の65回大会以降、萩本欽一(76)と香取のコンビで司会を務めており、番組タイトルにもなっている。

 今回、24時間テレビ内で放送されたのは、この特別版にあたる「子ども達が夢の仮装大賞に挑戦! 仮装レジェンドと共演」。司会は萩本と指原莉乃(24)が務めた。もちろん香取の出演はなかった。

 日テレ側は、香取の出演がなかったことについて、今回はあくまでも特別版だとしているが、ネット上では「仮装といえば慎吾ちゃんでしょう」「もやもやする」「慎吾くんがいないことに疑問」と心配する声が上がっていた。

 「仮装大賞の公式ホームページには香取の名前が残っています。視聴者にもなじんでいるし、名前が冠にもなっているので、すぐに降板ということにはならないでしょう。しかし、ずっと続けるというわけでもない」と芸能関係者。

 しかし、こうも見る。

 「24時間テレビの仮装大賞は、指原が欽ちゃんの相手を無難に務めていた。つまり、香取でなくても仮装大賞は成り立つということがわかったわけです」

 香取のレギュラー番組は、フジテレビ系「おじゃMAP!!」とテレビ朝日系「SmaSTATION!!」の2本。うち、「SmaSTATION!!」は9月いっぱいで終了する。一方で、新たな仕事が入っているわけではない。

 「香取、稲垣吾郎、草なぎ剛の独立組の3人のレギュラー番組がすぐになくなることはないだろう」とベテランの芸能ライター。実際、TBSは30日、稲垣がMCを務める「ゴロウ・デラックス」の継続を明らかにした。

 しかし「通常の改編に乗せて尻すぼみのような形で終わっていく可能性は十分ある。今回の仮装大賞に香取の姿がなかったことは、テレビ各局にとって、ひとつの試金石になるかもしれない」と前出のベテランの芸能ライターは見通す。

 注目されているうちが華なのか。退社までもう時間はない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース