記事詳細

27時間TV「さんま・中居」取りやめ背景に中居正広の葛藤 (1/3ページ)

 台風の中、懸命に歌い、踊る6人の少年たち。土砂降りの雨でずぶぬれになっても、音声が途切れる機材トラブルが続出しても、「嵐なんかに負けねーぞ!」と声を出し、必死にパフォーマンスをするメンバーたちの勇姿は、ファンの語り草となっている--。

 SMAPは今から26年前の9月8日、西武園ゆうえんち(埼玉)でデビューイベントを開催し、翌日、『Can’t Stop!! -LOVING-』でCDデビュー。以降、デビュー日の「9.9」は、ファンにとって特別な日であり、毎年各地で私的なイベントが行われてきた。

 ファンを喜ばせたのは2011年9月9日のデビュー20周年記念日。SMAPが西武園ゆうえんちに凱旋して、無料の公式ファンミーティングを開催したときだ。

 木村拓哉(44才)が「(解散説は)2年に1度あった」と明かせば、中居正広(45才)は、「20年前、自分たちの今の姿を想像してなかった。いつ解散するのかなって思ってた」と感慨深げに振り返った。

 しかし、「解散」は昨年末、現実になった。そして、デビュー25周年最後の日である「9.8」が、彼らの「完全さよならの日」となる。

 9月8日、その日をもって稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(43才)、香取慎吾(40才)の3人が契約満了でジャニーズ事務所を退社するのだ。

 ■「どうすればよかったのかな」

 翌9日にはフジテレビ恒例の『27時間テレビ』が放送されるが、例年とはまったく違うスタイルだという。

 「今年からほとんど収録になったんです。しかも出演者のスケジュール調整がうまくいかなかったという話で、例年は7月末放送だったのが夏休みも明けた9月にずれ込んだ。しかもSMAPのデビュー日である9月9日になったのは狙ったのか偶然なのか。それなのに中居さんとさんまさんの名物コーナーが取りやめになったというんですから…」(芸能関係者)

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース