記事詳細

水卜ちゃん日テレ残る!伝統の「エースアナ」継承決め手に フリー転身騒動も「スッキリ!!」 (1/2ページ)

 フリーへの転身がささやかれていた日本テレビの水卜麻美アナ(30)が、同局への残留を決めたという。10月からは同局の情報番組「スッキリ!!」のMCに就任するが、残留を決めた背景にはいったい何があったのか。

 オリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」で4年連続1位に輝くなど、今や日本を代表する人気女子アナとなった水卜アナ。約6年間アシスタントを務めていた昼の「ヒルナンデス!」を卒業し、10月から朝の「スッキリ!!」に加わることが注目されている。

 「これまでの人気女子アナは女優顔負けのルックスやスタイルで、悪く言えば気取ったタイプが大半でした。そんな中、気取らない親しみやすさや庶民派感覚で人気を集めた。特に同性には厳しい主婦層が視聴者の大半を占める昼の情報番組で結果を出したことは飛躍への大きなステップになったと思います」とは芸能評論家の三杉武氏。

 そんな愛着ある“古巣”からこのタイミングで旅立つ背景には、一部で報じられていたフリー転身説が色濃く影響しているという。

 同局の情報番組スタッフは語る。

 「水卜アナは先日の『24時間テレビ』でも総合司会を務めており、自他ともに認めるウチの看板アナです。今回の異動は『スッキリ!!』の視聴率強化という側面と同時に、ウチのエースアナの伝統の継承と言ってもいいでしょう」

 日テレの歴代の看板アナは、後にフリーに転身した徳光和夫アナをはじめ、福留功男アナ、福澤朗アナ、羽鳥慎一アナと大半は朝の情報番組のMCを務めてきた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース