記事詳細

妻に訴えられた乙武洋匡氏 中東・欧州で自分見つめ直す旅 (1/4ページ)

 訴状が届いたちょうどその頃、乙武洋匡さん(41才)は「ガザ地区」にいた。ガザ地区とは、中東・パレスチナの南西端、地中海に面する長さ50km、幅5~8kmほどの細長い地区のこと。周囲をイスラエル軍に包囲され、人や物の出入りが制限されるなか、およそ150万人のパレスチナ人が密集して暮らす。「天井のない監獄」と呼ばれる世界有数の紛争地域だ。

 日本のパスポートでは「旅行者」としてガザ地区には入れない。乙武さんは、当地で開かれるビジネスコンテストの特別ゲストとして、「UNRWA(国際連合パレスチナ難民救済事業機関)」から特別に招待されたという。

 イスラエル軍の激しい軍事攻撃で、手足を失うなどの重傷を負った住民も少なくない。そこで生まれたというだけで、なぜこうも不条理を強いられるのか…。ガザ地区は、乙武さんにとって自分を見つめ直す場所だった。乙武さんに対する訴状が提出されたのは8月4日のこと。彼を訴えたのは、元妻のAさん(38才)だった。

 そもそもの発端は、昨年3月に明らかになった乙武さんの不倫騒動だ。20代後半女性との不倫海外旅行が明らかになった乙武さんは、さらに複数の女性との不倫関係を認めた。重度の障害を抱えながら明るく爽やかなキャラクターで人気を博す“乙武くん”が繰り返した不貞に世の中は大騒ぎになった。

 当時、Aさんは「妻である私にも責任の一端があると感じております」と異例のコメントを出し、4月5日に開かれた乙武さんの40才の誕生パーティーでも「厚顔無恥な夫が申し訳ありません。2度目はないです!」と夫を支える健気な姿勢を口にした。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース