記事詳細

武井咲の“違約金10億円”報道に広告関係者「あり得ない」 (1/2ページ)

 EXILE・TAKAHIRO(32)との結婚・妊娠を発表した女優・武井咲(23)だが、CMなどの「違約金」がどうなるのか注目を集めている。例えば、デイリースポーツの電子版は「違約金は10億? 所属事務所はお詫び行脚」という記事を配信。同記事によると武井は10社のCMに出演しており、さらには「また、テレビ、映画などでは、脚本や、撮影・公開スケジュールの変更で違約金、賠償金が発生する可能性がある」と述べ、業界関係者による「(全てを合わせると)10億円もありうる」とのコメントを紹介している。

 だが、この報道に首をかしげるのは大手広告代理店の営業担当者だ。「10億円はあり得ない」と語る。

 「スポンサーは“空気”を読みます。すでにJTBは『影響はない』というコメントを取材に答えており、資生堂は祝意を示している。不倫・略奪愛でもない武井の結婚は祝福ムードの方が強い。そこで違約金を強引に取りに行くとむしろ『悪徳企業』のレッテルを貼られるので、違約金は発生させるべきではないと判断する企業の方が多いのではないでしょうか」

 かつて、ベッキーが不倫発覚でCM契約を軒並み切られた際は「奴隷契約」などといった批判が噴出した。恋愛は自由であるにもかかわらず、「大人の事情」により恋愛に制限がかけられることへの異議も多数呈された。だが、「不倫」だっただけに世間の空気としては、打ち切りもやむなし、というものになった。

 そして今回の武井だ。確かに武井は「CMクイーン」として活躍している。CMの仕事は映画や舞台、テレビの仕事よりもギャラが高い傾向にあるため、仮に違約金が発生した場合、CMがその比重の多くを占めるだろうが、それでも「10億円はあり得ない」という。その根拠を前出・営業担当者はこう語る。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース