記事詳細

AKBメンバーが「エンタの神様」に出演! 先を越されたウーマン村本が嫉妬心丸出し?

 5日深夜の「AKBINGO!」(日本テレビ系)で、AKB48チーム8の長久玲奈(17)が「エンタの神様」(日本テレビ系)に出演した際の舞台裏が放送された。AKB48メンバーとして初めて「エンタの神様」に出演した長は本番終了後「またお笑いやりたい」と語り、さらなる飛躍を誓った。

 “1億光年に1人の美少女”と称されるほどの美貌を持つ長の特技はギター。それを生かして「AKB チーム8のブンブン!エイト大放送」(Hulu)でフォークシンガーのネタを披露しているが、その腕前と歌声が「エンタの神様」で総合演出を務める五味一男氏(61)の目にとまった。五味氏は「ギターは武器。ブレークの可能性がある。『エンタの神様』でブラッシュアップしていくと、面白くなるんじゃないかな」と長の可能性を評価。番組出演のオファーを出した。

 本番で長は自身の出身地である福井県を題材にした歌ネタ「すごいんだよ福井」を披露した。自虐的に福井をアピールする内容に、番組MCの白石美帆(39)も「すごい逸材が出てきましたね!」と絶賛した。

 本番を終えた長はスタッフから感想を聞かれ、「練習よりもあんまり、笑顔も引きつっちゃったし、声もあんまり張れなかったんですけど、すごい楽しめたのでよかったなって。本当にいい経験でした」とコメント。そして「またお笑いやりたい…。次はみんなを笑わせるような感じにガンバローって思いました!」と述べ、満面の笑顔を見せた。

 「AKBINGO!」MCのウーマンラッシュアワー・村本大輔(36)から、200人の観衆の前でネタを披露した感想を聞かれた長は「難しかった」と一言。さらに村本から「どの辺が難しかった?」と聞かれ、「ん~。全部です!」とシンプルに答えた。そんな長に村本は「こんな奴が俺らより先に『エンタ』に出るなんて!」と嫉妬心丸出し。芸人として悔しさをにじませた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース