記事詳細

SMAP、2020年パラリンピックで“再集結”の可能性 (1/2ページ)

 「この終わり方、おかしいもんね」。木村拓哉(44才)が8月末、自身のラジオ番組で発したコメントが、ファンの間で「SMAP解散の仕方を後悔している」と受け止められ、波紋を広げている。「だったら、もう一度やり直して」という、忠告とも、願望ともつかない声が上がっているのだ。実際には「彼氏にフラれた」という相談者への答えのなかで出てきた言葉で、SMAPとは無関係なのだが--。

 9月8日、稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(43才)、香取慎吾(40才)が、契約満了でジャニーズ事務所を退社する。稲垣の『ゴロウ・デラックス』(TBS系)、草なぎの『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)、香取の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)と、レギュラー番組は続投するため、彼らの活躍を目にすることはできる。

 「今後、仕事の連絡は本人が行うそうで当面は新規の仕事を受けず、レギュラー番組をこなすだけ。3人とも先行きについては焦っておらず、業界内では、来年4月から香取さんと草なぎさん2人の冠番組が始まるかもという噂もあります」(テレビ局関係者)

 そんな中、「3年後に、5人が再集結する可能性があります」と話すのは、ある芸能関係者だ。SMAPは東京パラリンピックを支援する『日本財団パラリンピックサポートセンター(以下、パラサポ)』の公式応援サポーターだった。2年前に就任すると、中居正広(45才)が「SMAPのPはパラリンピックの“P”」と言うほど、パラリンピックを熱心に支援。実際、SMAPが『パラ駅伝 in TOKYO 2015』の応援に駆けつけると、1万4200人という、パラスポーツイベントとしてはまれにみる来場者が訪れた。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース