記事詳細

SMショー進化させた元祖“緊縛師” 長田さんしのぶ「SM神社祭」 「新宿ロフト・プラスワン」12日開催

 “緊縛師”という言葉を生んだ長田英吉さん(2001年没)をしのぶ「SM神社祭」が12日、東京・歌舞伎町の「新宿ロフト・プラスワン」で行われる。

 長田さんは、“縄師”という名称から“緊縛師”と表現するようになり、SMショーを進化させたことで「SMショーの元祖」とも呼ばれている。緊縛師の定番スタイルである黒ずくめにサングラスも長田さんが始めた。

 その死後、長田さんをしのぶ形で始まった「SM神社祭」も今年で16回目。長田さんの弟子である長田一美をはじめ、SMモデルらが出演し、緊縛ショーを展開。さらに生前の長田さんも定番スタイルでビデオ出演する予定だ。

 開場午後6時半、開演午後7時。前売3000円、当日3300円。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう