記事詳細

【テリー伊藤 狸の皮算用】父・三平さんの血を強く継承している泰葉 会見後、記者に土産…これではカネ消えるばかり (1/2ページ)

 以前、泰葉が私に「三味線漫談をやりたい」と語ったことがある。泰葉はコンサートの合間のトークの評判もよかったし、三味線は3歳から習っている。音楽的な素養もあるし、歌もうまい。だから、けっこう面白いんじゃないかと思ったもの。

 演芸についての師匠がいるわけではないから、浅草演芸ホールや新宿末廣亭など寄席の高座には上がれないけど、ライブハウスならできる。実際、落語協会初の女性真打ちの三遊亭歌る多のライブ寄席で三味線漫談をやっていたこともあった。アレ、続けているのだろうか。

 最近、泰葉に関する話題というと、やれ「近く自己破産する」だの、やれ「ヤケになって週刊誌の袋とじでヘアヌードを披露した」だのと、ロクなものはない。自己破産というのは、要は林家一門のおかみさんで母親の海老名香葉子さんや家族たちとのパイプが切れたということなのだろう。

 初代林家三平さんの次女として育った泰葉は、昔の芸能界のシキタリの中で生きていた。それで、前々から私が心配していたのが、例えば新曲やイベントの発表をする際、一流のホテルの部屋を借り、会見が終わった後に記者に土産も出していたこと。

 これ、昔の芸能界では当たり前だったかもしれない。しかし、彼女は現在もこういったことを続けていた。これでは、いくらあってもカネは消えてしまうだろう。

 姉・海老名美どり、弟の林家正蔵、林家三平の中で、昭和の爆笑王と呼ばれた初代林家三平さんの血を最も継いでいるのは泰葉だと思う。泰葉のことはデビュー前から知っていて、素晴らしい才能があると感じていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう