記事詳細

斉藤由貴、不倫相手の“パンツかぶり”写真流出で女優生命ドン底か 母親役などで再ブレーク中だったが… (1/2ページ)

 50代医師とのW不倫疑惑の渦中にある女優、斉藤由貴(51)が完全に窮地に陥った。お相手の医師が11日放送の日本テレビ系「スッキリ!」で、5年間も不倫関係にあったことを認めたのだ。まさかの“ゲス告白”に、斉藤も不倫を認めることに。さらに医師がパンティーをかぶったハレンチ写真の流出で、イメージダウンは避けられず、女優生命のピンチに立たされている。

 医師は11日、「スッキリ!」の単独インタビューに答えた。それによると、斉藤と出会ったのは7年前。家族の付き添いでクリニックにやってきたのだという。

 もともと斉藤のファンだったといい、「そういう見方にとらえられても仕方がない」と不倫関係を認めた上で、2012年から関係を持っていると明かしたのだ。

 これまで斉藤も医師も不倫関係を否定していたが、医師があっさり寝返ったというわけ。その理由も何ともはや。

 「僕が謝るべきは僕の大事な家族だけ。ぼくはうちの家族には迷惑をかけた。嫌な思い、誹謗中傷を受け、家内はズタボロで外も歩けない。僕の家族にはパパは本当に迷惑をかけた。本当にごめんなさい」と、とんでもない“身勝手謝罪”。

 斉藤のどこにひかれたかを問われると「女優さんって華やかに見えるかもしれないが、すごく家庭人として母親としてきっちりやっています。その姿にすごく賛同した」と言うも不倫は不倫。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース