記事詳細

桂歌丸また休演、回復進まず… 8月に極秘入院、関係者「体力が低下している」

 落語家の桂歌丸(81)が12日に出演予定だった「紀伊國屋寄席」(東京・紀伊國屋ホール)を体調不良のため休演した。関係者によると自宅療養している。

 歌丸は肺炎のため、今年1月2日に入院。その後も入退院を繰り返し、6月18日に東京・シアタークリエで行われた落語会「春風亭小朝のクリエで落語」で高座復帰。

 8月11日には東京・国立演芸場で行われた落語芸術協会主催の寄席でトリを務めたが、同月23日から30日まで、極秘入院をしていたという。

 「体力が低下しているので、その回復に努めていますが、高齢ということや食事量も多くないので、なかなか回復が進まないようです」と演芸関係者。

 季節の変わり目は体調を崩しやすいものだが、少々心配だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース