記事詳細

鈴木砂羽、土下座騒動の舞台裏 出演女優2人と脚本家の食い違いも…

 果たして土下座強要はあったのか-。女優、鈴木砂羽(44)が主演・初演出する舞台「結婚の条件」(東京・新宿シアターモリエール)の初日の前日となる12日、出演する女優2人が急遽降板すると発表された。ところがこの2人が「土下座を強要された」と主張したことで、思わぬ騒動となっているのだ。

 降板したのは、元準ミス・インターナショナル日本代表の鳳恵弥(36)と、女優の牧野美千子(52)。2人の所属事務所はサイトで鈴木から「人道にもとる数々の行為」を受けたと説明している。

 関係者によると、9日には通し稽古を2回行う予定だったが、2人には次の予定があったため、1回目を終えた時点で、稽古を離脱することに。しかし、それが演出の鈴木に伝わっていなかったため、公演を制作した劇団を主宰する脚本家、江頭美智留氏(56)が謝罪、2人も謝罪することになった。その後、11日夜に降板が決まった。

 鳳はブログで土下座謝罪を強要されたと主張しているが、江頭氏側はこれを否定。メディアに対して「私のスケジュール確認のミスで2回目の通し稽古ができなくなったことが原因ですので、私が自ら謝罪しました」と説明している。別の関係者は「稽古場に正座した状態で謝罪したので土下座にみえたのかもしれない」と説明している。

 

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース