記事詳細

恐怖!?東出昌大、“スマイル”で新境地 目は笑ってないけれど口だけ…“棒演技”ぶりが怖さ増幅 (1/2ページ)

 笑顔が周囲をどん引きさせる-。そんな役者冥利につきる笑顔を習得したのが、俳優、東出昌大(29)だ。名付けて“東出スマイル”。まさに張り付いたような笑顔が、新境地を生み出しているというから、笑っている場合ではない。

 実は業界内では話題となっていた、この“東出スマイル”。それが公になったのは、5日に行われた映画「関ヶ原」のヒット記念イベントでのこと。主演の岡田准一(36)からふられて飛び出したのだ。

 岡田いわく「目は笑ってないけれど、口だけ笑う」という、何とも不気味な笑顔。東出が、いったん真顔になってから、口角だけを上げるようにひきつった笑顔をつくると、会場からは笑いとともに悲鳴も。

 東出といえば、TBS系「あなたのことはそれほど」で、波瑠(26)演じる妻に不倫される夫役を演じ、サイコパスな“怪演”で視聴者を震撼させたことでも記憶に新しい。それをほうふつとさせたようだ。

 「モデルから俳優に転じ、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの夫役を演じるなど着実にステップアップしているのですが、独特のしゃべり方も相まって、いわゆる“棒演技”と受け取られてしまう。しかし、その一本調子ぶりが逆に恐怖を増幅させる効果があるようです」とは女性誌編集者。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース