記事詳細

【中本裕己 エンタなう】“極限状態”にアドレナリン出まくり! 韓流・ゾンビ嫌いも楽しめる「新感染 ファイナル・エクスプレス」

 韓流やゾンビものが苦手な私も「新感染 ファイナル・エクスプレス」(公開中)の虜(とりこ)になってしまった。ソウルからプサンに向かう高速鉄道KTXの列車内で、謎のウイルスによる感染が急拡大してゆくパニック映画。

 韓国ではやっかみの対象になりそうな超エリートのファンドマネジャー、ソグ(コン・ユ)は妻と別居中。幼いひとり娘のスアン(キム・スアン)が誕生日で、プサンで暮らす母親に会いたがるため親子で早朝のKTXに乗り込む。発車直前、ソウル駅では騒ぎがあり、知らぬ間にウイルスに感染したひとりの女が飛び乗っていた…。

 乗客はソグ親子のほか、妊婦と荒くれ者の夫、高校の野球チーム、老いた姉妹、わがままな会社経営者などさまざま。列車がスピードを上げるにつれウイルスが蔓延、ゾンビと化した乗客に襲われると死が待っている。過剰なまでの増殖とゾンビたちの素早い動き、それを迎え撃つ乗客の極限状態には、気持ち悪さを通り越して、アドレナリンが出まくりだ。

 一方で乗客の人間模様は濃密に描かれ、男女や仲間、家族の絆につい涙してしまう。韓国アニメ界で社会派として注目を集める新鋭ヨン・サンホ監督にとって初の実写長編映画。感情の振り幅を示すメーターがあるなら、左右に振り切れるほど激しい。

 日本の新幹線と細部が異なるKTXの構造や駅、操車場のシーンなど“鉄分”もたっぷり。北から南へ逃げる列車と現在の半島情勢が重なるようなラストも必見だ。 (中本裕己)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース