記事詳細

安室奈美恵、周囲との温度差に葛藤も ストイックに走り続けた25年、電撃引退の真相 (1/2ページ)

 20日、公式ホームページで来年9月16日をもって引退することを発表した歌手、安室奈美恵(40)。90年代には“アムラー”という社会現象を生み、デビュー25周年を迎えた今も最前線で活躍するだけに、40歳の誕生日に引退を発表した彼女にいったい何が起きていたのか。

 2015年まで所属していた事務所の社長には「40歳で引退する」と話していたというが、発表は所属レコード会社幹部の一部にしか事前に伝えられておらず、現場スタッフも当日に知らされたほど。

 だが兆候はあった。今月16、17日に沖縄で行われたデビュー25周年の凱旋公演では「曲目が直前に変更され、スーパーモンキーズのデビュー曲『ミスターUSA』を披露した。これまでの歌手人生を総括するつもりだったのかもしれない」とテレビ局関係者が話す。

 こんな話をする音楽関係者も。「デビュー当時から世話になったスタッフの高齢化も引退の一因らしい。自身も輝いているうちにフェードアウトしたいのだろう」

 全作品の総売り上げは3700万枚を超える安室。昨年から今年にかけては、自身でも最長最多となる10カ月、100公演にわたる全国ツアーを行い「前事務所にも恩義を果たすことができたようです」と音楽関係者。

 40歳を前に環境も大きく変わった。1992年のデビューから親代わりだった事務所から15年1月に独立。

 「安室は昨年12月には京都市内に2億円超ともいわれる4LDKの低層マンションを購入しています。引退後はそこを拠点に悠々自適の生活を送るともみられています。さらに沖縄や海外に渡る可能性もささやかれています」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース