記事詳細

【大人のTV】最終回「しくじり先生」に亀田親子が登場 大活躍からのバッシングを父・史郎氏が語る

★「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日、24日午後9時58分)

 最終回である。深夜枠から見てきたファンとしては、やっぱりなという思いが強い。

 深夜枠→ゴールデン枠→終了という過去さまざまな番組が何度も味わってきた黄金パターンである。しかもこの番組に至っては、ゴールデン枠内でさらに放送時間が変更されているのだ。

 ただ、とんでもないしくじりで身を持ち崩した本人から、その理由を学ぼうという画期的な番組だっただけに、結局、ネタが切れれば、番組が終わるというわけだ。

 最近は、ゲストティーチャーが、しくじりを明かしながら、涙するパターンが多く、何かちょっと違うよな、笑えなくなったな、と思っていたところの終了なので、やっぱりなという思いで正解なのだろう。

 記者は、もともとこの番組が好きだった。ゲストの、反面教師にしようもないほどひねくれたしくじり方に腹を抱えて笑い、そりゃあ干されるわと悪態をつきながら見ていたかっただけなのだ。

 芸能人のとんでもない非常識さや金銭感覚のおかしさが楽しかっただけなのに、それが涙ながらにしくじり話を聞かされてもねえ。いたたまれなくなったら、バラエティーって見る気力を失っていくものだと、改めて感じた次第で。

 そして、最終回は亀田興毅がゲストティーチャーだ。最近、とくに引退後の彼はもともとの人の良さがにじみ出すぎている。タレントとしてはそれでいいが、しくじり先生ではどうか…、なんて思っていると、何とオヤジの史郎氏も登壇するという。これは見ものだ。

 亀田親子の大活躍とバッシングは、なかなかのジェットコースターぶりだったが、史郎氏がこうしたことをテレビで語るのは初めてだという。

 最後の最後に、史郎氏をキャスティングしたことに、この番組の“良心”を垣間見た気がした。(F)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう