記事詳細

安室、紅白出場の行方は? 業界に広がる“アムロス”、新作は常にトップ…情報番組も「金脈」失う (1/2ページ)

 列島を揺るがした歌手、安室奈美恵(40)の引退宣言。日本を代表する歌姫の衝撃の決断に“アムロス”が広がっているが、悲嘆に暮れているのはファンだけではない。業界内でも“安室奈美恵”を失うことに対して危機感が広がっているのだ。

 CD不況が叫ばれる中でも、安室は安定したセールスを続けていた。全作品の売り上げは3700万枚を超えるというから、国内の女性歌手では比類なき存在であることは確かだ。

 「シングルは1位こそ他のアーティストに譲るもののベスト10の常連。アルバムに至っては、2007年の『PLAY』以降は8作連続で1位を獲得しています。総売り上げは700億円を超えるでしょう」と音楽関係者は見通す。

 「残り1年間、CDやDVDはかなり売れるでしょうが、その後は新作がでないわけですから、長い目でみると大きな損失です」とも。

 こんな話も漏れてくる。「実は情報番組でも安室の話題は視聴率の取れる大事なネタ。というのも、メーンの視聴者層である40~50代はアムラーに代表される彼女の全盛期をリアルタイムで知っている世代なんです」と情報番組のスタッフ。

 さらに続ける。

 「音楽関係の話題でもアーティストのミュージックビデオ(MV)は話題性がよほどない限り、なかなかできない。だけど、安室だけは別格で、MV解禁ネタもオンエアする。どこの情報番組も、安室という大きなコンテンツを失うことに頭を抱えている」

 一方、これを好機に受け止める見方もある。大手CDショップ、HMVでは、各店舗で早くも安室コーナーを設置する動きも。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース