記事詳細

【ぴいぷる】前月組トップスター・龍真咲の焦らず、飾らず、あふれる夢 「宝塚の魔法」解け、出会えた歌手の道 (2/3ページ)

 「宝塚の魔法」から解けた後は「再生と覚醒の1年」だったそう。退団後は「全然、決めていなかった」が、すぐにタカラジェンヌOGを中心にした「エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート」に出演。男役ではなくヒロインのエリザベート役を務めて、見事な美貌と高音の歌声を披露した。

 その後は今年8月23日に、全曲オリジナルのファースト・アルバム「L.O.T.C2017」(ビクターエンタテインメント)を発売し、コンサートに力を入れて活動している。

 「次々とご縁に巡り合えて…。あまり決めずにラフにしていたことがかえってよかったのかな。CDの楽曲は、スタッフに自分がどんな人なのかをいっぱい話して、受けた印象をもとに作ってくださった。言葉を伝えるミュージカルの歌とは全然違うリズム重視のソフトな感じ。自分の曲はいいですね。歌えば歌うほど大好きになります。今はCDを出したばかりなので、歌手として一から巡業したいなと思っています」

 その1つが、米ブロードウェーのキャストと夢の競演をする「WORLD MUSICAL CONCERT 2017~SONG and DANCE of BROADWAY~」(10月9日、東京・東急シアターオーブ)だ。

 「英語の曲というのが前提で、共演者の方とのデュエットもあるので、英語を頑張らなくっちゃ。実は6月にひと月、仕事と勉強を兼ねて1人でニューヨークに行っていたんです。初めての外国での滞在生活でたくさんの新しい体験ができました」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース