記事詳細

ファンはまさに“NAKAMA”元SMAP独立3人組、早くも「5億円」荒稼ぎ! 新たな活動の場「中国」視野

 インターネットに新たな活路を見出している稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の元SMAPの独立3人組。かつてのコンテンツを利用できない今、資金面が心配されるが、早くも荒稼ぎが始まっているようだ。

 22日に開設された公式ファンサイト「新しい地図」では、ファンクラブの会員“NAKAMA”を募っているが、わずか1週間で10万人近い申し込みが集まっているという。

 「具体的な数字は明かされていないが、ファンがネットに投稿している状況だと会員番号は早くも10万台に到達する模様です。入会金1000円、年会費4500円ですから、軽く見積っても5億円近くがこの短期間で動いたことになる」と芸能関係者。

 「もちろん、これが3人の収入になるわけではないが、SMAPのコンテンツが使えない3人にとっては、足もとを支える重要な運転資金となります。そういう意味ではファンはまさに“NAKAMA”ということです」と続ける。

 さらに、公式サイトは、中国版のツイッターである「微博(ウェイボー)」への公式アカウントへのアクセスもできるようになっている。

 「SMAPの育ての親だった元マネジャー女史と中国系企業のつながりが指摘されていましたが、3人の新たな活動の場として、中国が視野に入っていることが改めて確認されたわけです」と代理店関係者。

 3人が11月に出演するネット番組には、早くも共演を希望するタレントが相次いで名乗りを上げている。

 小池百合子東京都知事は「希望の党」の設立会見で「しがらみ政治」からの脱却を唱えたが、元SMAPの3人もしがらみから脱却できるのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース