記事詳細

田中みな実ら「大きな胸」の女子アナたち 隠しきれない苦労 (1/2ページ)

 元TBSアナウンサーで現在はフリーの田中みな実アナ(30)が『anan』(2069号)の「美乳」特集号で、衝撃の“肘ブラ表紙”を飾り、話題をさらった。

 局アナ時代の映像からはそんな印象を受けないが、意外にも田中アナにとってEカップと告白している巨乳はコンプレックスだった。

 『anan』のインタビューでは、中学から大きな胸が「恥ずかしくてイヤだった」、「TBS時代は3年間サラシを巻いていた」と明かしている。だが、30歳を機に考えが変わり、「バストケアなどを経て“愛せる胸”に変わった」という。

 実は女子アナたちにとって「大きな胸」は決して嬉しいものではないという。NHK沖縄放送局でキャスターとして活躍したフリーアナの竹中知華アナ(35)が、Hカップの爆乳で苦労した過去を振り返る。

 「身体のラインが分かる服を着ると、視聴者から“子供に悪影響よ”とクレームが寄せられることがありました。上司から“今日は目立つね”と、やんわり注意されたこともあります。

 そこで胸が小さく見えるように小さめのブラジャーをつけたり、Vネックの服で出演する時はガムテープで胸と裏地をくっつけて、お辞儀しても谷間が見えないようにしたりと大変でした。

 ブラウスはボタンとボタンの間を縫って、やはり隙間ができないようにしていました。ボタンが飛んだら放送事故ですから。田中さんの悩みはよくわかります」

 大きな胸を小さく見せている隠れ巨乳アナは少なくないという。硬派な報道番組や、主婦層が観る情報番組の場合は、とりわけ気を使うようだ。

 「『スッキリ!!』(日本テレビ)でMCを務める岩本乃蒼アナ(26)は、普段の放送では胸が目立たない服を着るので大きい印象はありませんが、全員Tシャツ着用の『24時間テレビ』では、推定Eカップの巨乳が目立ちました。

 同じ日テレでは10月から『ヒルナンデス!』MCに抜擢される滝菜月アナ(24)が推定Fカップ。やはりゆったりとした服しか着ないかもしれません」(女子アナウォッチャー)

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース