記事詳細

Fカップ金子智美、母親お手製のギリギリ衣装で登場 報道陣も驚いた

「ミスアクション2017」前期でグランプリのグラビアアイドル、金子智美(かねこ・さとみ、27)がこのほど、東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で8作目のブルーレイ&DVD「溺れるキモチ」(REAL)の発売イベントを行った。

 1メートル58、B89W58H85のFカップボディーを、金子の母親自ら「ギリギリ見て頂けるような」をコンセプトにランジェリーをリメイクしたというセクシー衣装に包み登場。報道陣を驚かせた。

 7月にバリ島で撮影された同作は、ストーリーなど特になく、全編がイメージ映像。セクシー衣装でのベッドシーンなど金子の魅力がつまった作品となっているが、一番セクシーなシーンにキャビンアテンダントのコスプレを挙げると、「下着になっていき、最後は葉っぱのみでうまく隠しています。虫が寄ってくるので、動いちゃうんですよね。撮影が大変でした」と吐露した。

 さらに一番恥ずかしかったという「猫のコスプレ」シーンにも触れ、「猫じゃらしに反応して『にゃーん』って言ったりして。全然そういうキャラじゃないので、一番恥ずかしかった。猫を飼ったこともないので、猫の感じも全くわからなくて」と赤面した。

 今後やってみたいシチュエーションを問われると、「結婚できるのかわからないので、結婚生活を疑似体験できるようなDVDを撮りたいですね。タイプは年上の男性で、落ち着いた方がいい」と意気込んだ。ブルーレイ版にはスペシャルチャプターとして、シャワーシーンが収録されている。

 年内に写真集と9作目のDVDが発売予定。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう